ブライダルジュエリーアリア ダイヤモンドについて

diamond

Carat

Caratは「大きさ」と勘違いされがちですが、「重さ」を意味します。
1ct(カラット)は、0.2g、重くなるほどその貴重価値は高くなります。
ただし、ダイヤモンドの価値はカット、カラー、クラリティーの品質と合わせて総合的に評価されます。

diamond

Cut

4Cにおいて唯一、人為的な要素でありダイヤモンドの輝きを左右するほど重要なのがカットとなります。
ブライダルジュエリーアリアでは、VERY GOOD評価のダイアモンドをメインに扱っております。

diamond

Color

ピンクやブルーなど、特別に美しい色を例外に、無色に近いほど高評価となります。
最高位はダイヤモンドの頭文字から取られた「D」カラーで、グレードが下がるにつれ黄色みを帯びていきます。
ブライダルジュエリーアリアでは、ブライダルジュエリーにふさわしいF~Hカラーをメインにご用意しております。

diamond

Clarity

ダイヤモンドの透明度を表します。
ダイヤモンドの内部や表面にある天然の内包物の大きさや位置、数の度合いを、一定の基準に基づいて格付けしています。
10倍の拡大検査にて11段階で評価されます。
ブライダルジュエリーアリアでは、VVS1~VS2クラスをメインにご用意しております。

ダイアモンド鑑定書

Diamond Grading Repor

ダイアモンドの鑑定書は、カットしたダイアモンドをCarat(重さ)・Color(色)・Clarity(透明度)・Cut(カット)の4つに分けて評価した証明書です。
ブライダルジュエリーアリアのブライダルリングは、 中央宝石研究所(中宝研、CGL)のダイアモンドグレーディングレポート(鑑定書)をお付けしています。
中央宝石研究所とは、 日本最大の鑑定機関で、ダイヤモンド鑑定の国内最大シェアを誇っています。
鑑定書の発行数が最も多いので、中央宝石研究所のグレーディングレポート(鑑定書)は国内ダイヤモンド市場の指標にもなっています。

ハート&キューピット

Proportion Report

右に掲げた青地に白いハートや天使の矢が放射状に浮かび上がった写真が、特殊スコープで覗いたハート&キューピットプラス、トリプルエクセレントのダイヤモンドなのです。
ハート&キューピットとはダイヤモンドの対称性がとても良い(ダイヤモンドの円の中心を軸に、上下左右斜めがすべて同じ形)ということなのです。
一般にエクセレントカットであることが多いので、輝きも素晴らしいのですが、対称性が良いことそれ自体は、輝きを保証するわけではありません。
ベリーグッドのハート&キューピットも存在するのです。
輝きの良さはプロポーション(ダイヤモンドを各方向から見たときの寸法の比率)が左右する面が大きいのですから、ダイヤモンドはベリーグッド以上であれば充分に輝きます。
では、ハート&キューピットにどんな意味があるのかといえば、プロの目で見れば、たしかに肉眼でも輝きが良くはなっていることは感じることができます。
特に正確な対称性は人の目に快いのです。
結論をいえば、スコープで覗いた際のハートや八方ににらみを利かす天使の矢(魔除けの意味もあります)、正確なカットがつくりだす光の、一糸乱れぬ端正な輝きに価値を見出す方は、選択しても良いでしょう。

ブライダルジュエリーアリアへ電話をかける
ブライダルジュエリーアリアへ問い合わせ
ブライダルジュエリーアリア ダイレクト予約